前へ
次へ

転職の営業求人で学歴は関係するか

中途採用は新卒採用に比べると、応募者数が圧倒的に少ないですので、応募書類に当たる履歴書や職務経歴書を十分に読み込む時間があります。
中途採用の場合は職務経歴がありますから、学歴よりも圧倒的に職務経歴のほうが比重が上です。
営業求人で求められる職歴を持っているのかどうかがはるかに大事になります。
求人先企業が会ってみようと思う経歴を持っていることの方が重要ですので、学歴だけで判断されるということは転職活動においては稀なことです。
転職活動を行う時には、学歴だけで選考から外されるということはないと言ってもよく、どういうキャリアを築いてきたのかのほうが重要です。
どういう職歴を歩んできたのかをしっかりとまとめるようにしてください。
企業が関心があることはどういう経歴を持っているのかということですので、そのことに注力してアピールするべきです。
自分が今までやってきてことをアピールすることができれば、今までどういう学歴だったとしても、採用される可能性は高くなります。
新卒採用の場合は、大企業になると応募者数がとても多くなるので、入り口の段階で学歴フィルターである程度応募者数を絞る必要が出てきます。
しかし、中途採用の場合は学歴フィルターにより応募者数を絞る必要性がありません。
新卒採用で悔しい思いをしてきた人であっても、仕事で結果を残した人においては中途採用でキャリアアップを図ることができる可能性があります。
営業求人において、営業成績を残した人が欲しいのは言うまでもないことですので、数字を残すことさえできれば、学歴は関係ないと言えます。
転職活動において重要になるのが、今まで行ってきた仕事を活かして、営業求人を出している企業でどのように活躍していくかということです。
書類や面接において応募先企業でも活躍できそうだなあという風に思わせることができれば、採用される可能性は高くなります。
この過程において学歴が関係するということはありませんので、職歴を精一杯アピールすることに専念してください。

Page Top